インプラントをお考えの方

HOME > インプラントをお考えの方へ|インプラント

インプラントとは  

かつて、歯を失った部分には取り外し式の入れ歯を使って咀嚼をカバーしていました。
また、ご自分の歯が数本残っている場合であればその歯を利用し、固定式のブリッジをはめることができます。

しかし、入れ歯を使われる方ですと、口臭が気になったり、入れ歯が飛び出したりして、大変恥ずかしい思いをされたご経験がおありの方もいらっしゃいます。
またブリッジの場合、取り外しの手間さえないものの、治療において健康な歯を削らなければいけません。削られた歯はいたみやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに大きな範囲のブリッジを作る必要性が生じ、ついには全部の歯がだめになってしまうと言うようなことが十分に考えられるのです。

インプラントは、天然の歯と同じように顎の骨に支えられ、入れ歯のように取り外しの手間もなく、またブリッジのように存続の歯を傷つけることなく、食べ物を噛むことができる画期的な方法です。

about.jpeg

wt2_top.gif

インプラント治療の手順  

1.インプラント治療の診査と治療計画
治療は、骨の中にチタン製のインプラントを埋めるステップと歯を入れるステップの大きく2つの段階に分ける事ができます。十分な診査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さまに合わせた治療を勧めていきます。診査はインプラント治療のトレーニングを受けた歯科医師がおこないます。
2.インプラントの埋入
局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。歯肉を切開し、顎の骨に穴を開け、この穴にインプラントを埋めていきます。治療中は痛みはありませんが、恐怖心があったり、埋入本数が多く時間がかかる場合には、静脈内鎮静法と言う麻酔方法があります。
3.治癒期間
インプラントを埋入した後、歯肉で覆い、インプラントと骨の結合が得られるのを待ちます。通常治癒期間は、下の顎の場合3ヶ月、上の顎の場合は6ヶ月ほどかかります。この間は、仮の義歯を使用する事ができます。
4.アパットメントの連結
インプラントが完全に顎の骨と結合したら、インプラントの上にアパットメントを連結します。この状態で歯肉が治癒するまで個人差はありますが、1~6週間ほど待ちます。
5.歯の装着
歯肉の治癒後、歯を作るための型どりをします。歯の形や色などを決めて、歯が完成したら、アパットメントに装着し固定します。

wt2_top.gif

40年の歴史、当院のインプラントシステム  

1406624980700.jpg
一口にインプラントといっても、さまざまなシステムがあり、その理論や特性、治療法や安全性はそれぞれ異なります。神奈川歯科インプラントセンターでは、世界シェアNo.1インプラントメーカー「ストローマン」を導入しています。
新製品「SLActive」は、厚生労働省認可の臨床実績を重ねた信頼性の高いシステムで、従来のインプラントに比べ、大幅に治療期間が短く、失敗の少ないインプラントです。※患者様の口腔状態により異なります。

wt2_top.gif

当医院のアドバンテージ  

インプラント10年、上部構造5年保証システム

10年保障.jpgインプラント治療で最も大切なことは、経過予後である考えます。つまり、手術自体は成功しても、その後インプラントがすぐに抜けてしまっては、意味がありません。
当医院では、インプラントに何らかのトラブルが起こり、破損や脱落してしまうような事が10年以内にあれば、無償で保証させていただいております。
これだけの長期保証は他院では他にありません。成功を知る者達が、揺るぎ無い自信と確信を持つからこその、10年保証システムです。

完全滅菌体制

operoom_s.jpgインプラントは歯科の領域と言えど、外科的な処置が必要です。
この治療の中でもっとも恐いものの一つとして、感染症が挙げられます。
当医院では、このような危険を回避するべく、完全滅菌体制を実現しています。NASA基準をクリアーしたオペレーションルームでは、常に空気がきれいであるように保たれ、手術で使用する器材はすべて使い捨てのものを使用しています。

アドバンテージ

歯科医療を取り巻く環境は、一世代前と比べて劇的に変貌しつつあります。
各分野は、成熟へのプロセスよって細分化が進み、より掘り下げた知識が必要となってきました。
また、一点から始まる知識は放射状に拡大し、他の分野とのコラボレーションを始めたことによって、より高い位相概念での融和を導く様相をもたらしました。

当医院は、その領域の広さや深層にある些細な知識をも考慮し、1つの症例に対して各患者さまの担当医を中心としたチーム・ユニットを結成します。
各方面に精通した専門家がそのオーダーを十分に分析し、それぞれの見解はお互いの意見を研ぎ澄まし合い、より多様で良質の手段を生む結果となります。

一元化されたマニュアルからは予測できないシュミレーションも、このような複合的で多角的な考察によって、完全性を内包した成功を導くキーポイントとなるのです。


wt2_top.gif

インプラントFAQ  

インプラント手術後の注意事項

  1. オペ後は、ガーゼを一時間噛んでください。その後数時間経ってから、専用のうがい薬でうがいをしてください。
  2. できるだけ患部を冷やしてください。ただし氷のようなものでは冷やし過ぎになりますので、できれば冷えピタシートや、熱さまシートのようなものをあててください。
  3. オペ後当日は、激しい運動を避け、お酒やタバコも控えてください。お風呂も熱いものではなく、ぬるま湯かシャワー程度にしてください。入らなくて済めば、そうしていただいた方が良いです。
  4. 薬は痛み止め(オレンジの錠剤)、化膿止め(カプセル)の2種類が出ます。痛み止めは痛くなったときに飲んでください。化膿止めの薬は痛くなくても、食後に必ず飲んでください。それ以外に専用のうがい薬で、食後毎回うがいをしてくださいスクリーンショット(2011-09-11 21.55.43).png
  5. 患部に義歯(入れ歯)が入れてあった場合、できればすぐには義歯を戻さないようにしてください。
  6. 痛みが長く続いた場合や、血が止まりにくい時、何かお困りや心配なことがあった場合には担当医か、090-3697-0771(Dr.西塚)にお電話下さい。

静脈内鎮静法とは?

インプラント治療に際し、恐怖心や痛みについて多くの不安を抱えてらっしゃることと思います。
そこで、当医院では麻酔科医のもと静脈内鎮静法を行うことにより、安心して手術が受けられる体制をとっております。
静脈内鎮静法は全身麻酔とは違い、多少の意識はあるものの、恐怖心が軽減された浅い眠りの中で治療を受けられる方法です。

治療費はどのくらいかかりますか?

各個人の症例によって、何本のインプラントを埋入すればよいか、また部位はどこかによって治療費用はかわってきます。直接当院にお問い合わせください。

wt2_top.gif